Mon 0 Shw 1435 - 28 July 2014
1015
ムスリムが非ムスリムの国への移住を助ける場合の決まり
フィクの問題であなたの助けが必要です。友人は私にこのアメリカで仕事を見つける手助けをするように求めています。誰でも知っている手続きでは、ここで仕事を見つけると、会社がH-1で彼のスポンサーになります。これは将来、正式な手続きを踏むと、グリーンカードに変換することができます。私はかれがグリーンカードを申請する手続きに関わることができませんが、彼がこの国に入国する最初の段階に手を貸すことができます。イスラームの観点から、非イスラーム・ムスリム国でアメリカに来ることを助けても問題はないのでしょうか。かれはアメリカに移住し、パキスタンに戻るつもりがないと思います。アキーダ(信仰)の面から、かれや彼の家族に何か問題が起こった場合、私に責任があると思います。


アッラーに讃えあれ。 この質問に関係するあなたの友人が信仰深い、洞察力のある人物であり、自らを混乱と疑心から守る充分な知識と、欲望から自らを守る十分な英知を持っているならば、あなたが暮らす非イスラム国に来ることを助けることに何ら問題はない。かれは職を得たり、学問を終了したり、経験を得たり、同じような善い目標を達成できるかもしれない。 しかしあなたは、かれが間違いを犯すかもしれないと恐れるような人物であるならば、彼を助けることは許されない。アッラー曰く(意味の解釈)「. . . アル・ビールとアル・タクワ(美徳、正義、篤信)のために助け合って、信仰を深めなさい。罪と恨みのために助け合ってはならない。. . 」 [食卓章(アル・マアアイダ) 5:2] これは私達が我々のシェイクであり、アッラーがかれの知識を我々に施したシェイク・アブダルアジーズ・イブン・アブドッラー・ビンバーズから学んだことである。アッラーこそが助けの根源である。
Islam Q&A