Fri 18 Jm2 1435 - 18 April 2014
10342
ムスリムがクッファールと食事する時の決まり
ムスリムがキリスト教徒やその他のクッファールと飲食することは、ハラームと見なされるのですか。もしハラームであるならば、次のアヤ(意味の解釈)はどうなるのですか 「啓典を授けられた民(ユダヤ人とキリスト教徒)の食べ物は、あなたがたに合法であり、あなたがたの食べ物は、彼らにも合法である。」 [食卓章(アル・マイダ) 5:5]


アッラーに讃えあれ。 必要があり、それがシャリアに反していない場合、カーフィルと食事をすることはハラームではない。しかし友人としてかれらと食事することは、理由や目的に適っていない。かれらと同席して冗談を言い合ったりするべきではない。しかし食事を共にする理由があるとすれば、招待客と食事するか、イスラームを紹介したり、真実へ導くなど、イスラームの目的がある場合は、問題がない 啓典の民の食事がハラールであるという事実は、かれらを友人や仲間とするべきであると言う意味ではない。目的や理由もなくかれらと飲食するべきであると言う意味ではない。アッラーこそ強さの源である。
マジュムー・ファトワ・ワマカーラト・ムタナウィ・アリサマーハット・アッシェイク・アルアッラマー・アブドルアジーズ・ビンバーズ(彼にアッラーのご慈悲を)、第9巻、 p. 324