Fri 7 Muh 1436 - 31 October 2014
1074
預言者(かれに平安とアッラーの御加護を)に誓うこと
私は多くの人々が「預言者に誓って」と言って、確認しようとするのを聞きました。これは許されるのですか。


アッラーに讃えあれ。 預言者(かれに平安とアッラーの御加護を)に誓うことはハラームであり、シルクである。何かに誓うことはそれを崇拝することになるが、創造されたものが他の創造物を崇拝することはできない。預言者(かれに平安とアッラーの御加護を)曰く、「アッラー以外のものに誓うことは、クフルまたはシルクの罪である。」 (サヒーヒ、アハマドの伝承, 2/125; アブ・ダウード、 3251; アッティーミーディ 1535). これは預言者、天使、敬虔な人々、その他すべての創造物に誓う場合に当てはまる。そして預言者(かれに平安とアッラーの御加護を)曰く、 「宣誓するものは、アッラーに誓わせるかそれとも黙らせなさい。」 (アル・ブハリの伝承、4860 – アル・ファス 8/611 および 6107 – アル・ファス 10/516; ムスリム, 1647; アハマド, 2/309; アブ・ダウード, 3247; アン・ナーシ, 3775; アッティルミダード, 1545; イブン・マアジャ, 2096). 誓いを含むクルアーンの節、「送られるもの章」(アル・ムルサラート)、「撒き散らすもの章」(アッ・ザーリヤート)、「引き離すもの章」(アッナージーアト)、「暁章」(アル・ファジャル)、「時間章」(アル・アスル)、「朝章」(アッドゥハ)、星座(マワーキ・アル・ヌジューム、出来事章(アル・ワーキア) 56:75を参照)について、これらは凡てアッラーの誓いであり、アッラーは望み通りのことを誓う権限を持っている。創造物が誓えるのは至高のアッラーに対してだけである。
アルール・アル・マキーン・ミン・ファトワ・イブン・ジブリーン引用、 p. 32