Wed 25 Rmd 1435 - 23 July 2014
12729
イスラームに敵対せず,我々と戦争状態にないカーフィルに献血する
クフルの国で献血することの決まりはありますか。この血液は恐らくカーフィルに与えられるでしょう。血液の病気をわずらう子供達は血小板が欠乏しています。この場合も同じ決まりですか。 私はイマームが献血するべきではないと聞いたことがあります。ダリールを示して、答えてください。


アッラーに讃えあれ。 シェイク・ビンバーズ(彼にアッラーの御慈悲を)がこの質問に答えられた。 「献血を拒む理由はないと思う。アッラーは聖典の中で仰せられた(意味の解釈): 「アッラーは,宗教上のことであなたがたに戦いを仕掛けたり,またあなたがたを家から追放しなかった者たちに親切を尽くし,公正に待遇することを禁じられない。」 [試問される女章(アル・ムンタヒナ) 60:8] このようにアッラーは、我々と戦わず,あなたがたを家から追放しなかったカーフィル,また緊急の助けを求めているカーフィルを公正に扱い,親切にすることを禁じていない。預言者(彼に平安とアッラーのご加護を)とメッカの人々の間で平和協定が結ばれている時,アスマ・ビント・アビ・バカル・アルシディーキ(アッラーが彼女を愛でられんことを)の母親がメディナの娘のところにやってきた。母親は当時カーフィルであったが,親子の絆を認めるように娘に頼んだ。アスマが預言者(彼に平安とアッラーのご加護を)に相談すると,この絆を認めるように答えられた。『たとえ彼女がカーフィルであっても,母親との絆を認めるように』と申された。」 ムスリムと平和条約を結び,ムスリムの保護下にあり,イスラームに敵意を示さず,我々と戦争していないカーフィルが緊急に求めている場合,献血することに何も問題はない。むしろ報いられるであろう。慈善や援助を求めている人々を助けることに何ら問題はない。 キターブ・ファターワ・ヌール・アラル・ダルブ, 第1巻, p. 376 以上から,カーフィルがムスリムに攻撃的で、戦争状態にある場合,献血することは許されない。それはムスリムに対する攻撃を助けることになる。これは非常に重大なことである。アッラーが我々を健全で安全な状態に保たれんことを。
Islam Q&A