Mon 26 DhH 1435 - 20 October 2014
13659
アッラーが啓示したもの以外のものに従う人々
アッラーが啓示した以外のものに従う指導者はカーフィルと見なされますか。我々がかれらはムスリムであると言うならば、次ぎのアーヤ(意味の解釈)はどうなるのですか言うならば、次のクルアーンの節(意味の解釈)はどうなるのですか: 「アッラーが下されたもので裁判しないものは、カーフィルーン(アッラーの法に従わないという程度の不信心者)である。」 [食卓章(アル・マーイダ) 5:44]


アッラーに讃えあれ。 アッラー以外のものに従う人々の対する規則は、彼らの信仰や行為によって異なる。アッラーが啓示した以外のものに従い、それがアッラーのシャリーアよりも良いと考えているものは、全てのムスリムにとってカーフィルである。またアッラーの法ではなく、人間の造った法律で判決をし、それが許されると考えるものにも同じことが言える。ある人がシャリーアに判断を求める方が良いと言ったとしても、この人はアッラーが禁じていることを許しているためにカーフィルである。 しかしアッラーが啓示した以外のことに従っているが、それは自分の気まぐれや欲望、賄賂、また判決が下されたものと敵対関係にあることなど、アッラーに不服従であることは分かっており、アッラーの法に従うべきであると分かっている場合は、罪人であり、大罪を犯していることになる。些細なクフル、悪行(ズルム)、反逆(フィスク)を犯しているとみなされる。イブン・アッバース(may Allaah be pleased with him)、タアウース、正当なサラーフの一団が伝えている。これは学者の間で周知のことである。アッラーは強さの源である。
マジュムー・ファトワ・ワ・マカーラート・ムタナワウィア・リ・サマーハット・アッシェイク・アルアッラマー・アブダル・アジーズ・イブン・アブドッラー・ビン・バーズ(かれにアッ