Sun 5 DhQ 1435 - 31 August 2014
2179
重要な決まり「カーフィルを親友や保護者とすることはハラームである」を明確にする
「カーフィルを親友や保護者とすることはハラームである」という言葉の意味を、例を挙げて説明してください


アッラーに讃えあれ。 例を挙げることで、その意味を説明し、明確にできるでしょう。ではダワの学者や指導者がカーフィルに対して友情を示すいろいろな方法を述べてきましたが、最も重要な点について具体的な例を挙げます。 1. クフルを受け入れ、それがクフルであることを疑い、それらをカーフィルと見なそうとせず、それらの宗教を誉めること。アッラーはかれらを受け入れるもののクフルについて申された(意味の解釈):「… その胸を開いて不信心を表明する者…」 [蜜蜂章(アン・ナフル) 16:106]。 アッラーはカーフィルと呼ぶことを義務として申された:(意味の解釈): 「… ターグート(邪神)を退けてアッラーを信仰するものは、決して壊れることのない、堅固な取っ手を握った者である…」 [雌牛章(アル・バカラ) 2:256]。アッラーはムスリムよりもクッファールを好むムナフィクーン(偽善者)について述べている(意味の解釈):「…(彼等は)不信心者を指して、『これらの者は、信者(ムスリム)よりも正しい道に導かれている。』と言う。」 [婦人章(アン・ニサーア) 4:51]. 2. 裁定を頼る者について、アッラーは申された(意味の解釈): 「…かれらは邪心を拒むよう、 命じられているにも拘らず、(その争議の)裁定のために、ターグート(邪神等)に頼ろうとしている…」 [婦人章(アン・ニサーア) 4:60] 3. かれらと友人になり、好きになること。アッラー曰く(意味の解釈): 「アッラーと終末の日を信じる民が、アッラーと使途に反抗する者と信仰を結ぶことを見ないであろう。…」 [抗弁する女章(アル・ムジャーダラ) 58:22] 4. かれらに傾倒し、依存し、かれらを支援者とする。アッラー曰く(意味の解釈):「あなたがたは悪を行う者を頼りにしてはならない。さもないと業火があなたを捕らえるであろう…」 [フード章 11:113] 5. ムスリムに反して、かれらを助け、支援する。アッラー曰く(意味の解釈):「信者は、男も女も、互いにアウリーヤ(援助者、擁護者、友人、保護者)である。…」 [悔悟章(アッタウバ) 9:71]。 クッファールのことを次のように述べている。 「互いにアウリーヤ (援助者、擁護者、友人、保護者)である…」 [食卓章(アル・マーイダ) 5:51]. アッラー曰く(意味の解釈):「…あなたがたの中誰でも、かれらをアウリーヤ(仲間)とする者は、彼らの同類である。」 [食卓章(アル・マーイダ) 5:51]. 6. かれらの社会のメンバーになり、パーティに参加し、メンバーを増やし、(必要な場合は例外として)かれらの国籍を取る。軍隊に参加したり、武器の開発を助ける。 7. かれらの法律や規則をムスリムの国に持ち込む。アッラー曰く(意味の解釈):「かれらが求めるのは、無明時代の裁判であるのか。…」 [食卓章(アル・マーイダ) 5:50] 8. かれらを一般的な意味で友人とし、また援助者や支援者にし、かれらと運命を共にする。アッラーはこれを禁じ、次のように申された(意味の解釈):「あなたがた信仰する者よ。ユダヤ人やキリスト教徒を、アウリーヤ(友人、保護者、援助者等)としてはならない。彼らは互いに友である。…」 [食卓賞(アル・マーイダ) 5:51]. 9. 自分の宗教を犠牲にしてかれらと妥協し、優遇する。アッラー曰く(意味の解釈):「かれらの願いは、(礼儀上宗教で)あなたがたが歩み寄ることで、そうなればかれらも妥協したいのである。」[筆章(アル・カラム) 68:9]。 これは彼らがアッラーの印を侮っている時に、かれらと同席したり参加することである。アッラー曰く(意味の解釈):「啓典の中で、あなたがたに確かに訓戒した。もしアッラーの印が拒否され、また嘲笑されるのをあなたがたが耳にするならば、かれらが外の話に移るまでかれらと同席してはならない。しかしあなたが同席したならば、かれらと同類になる。…」 [婦人章(アンニサーア) 4:140] 10. かれらを信頼し、信者の代わりにかれらを忠告者や相談者とする。アッラー曰く(意味の解釈):「信仰する者よ。あなたがたの宗教の外にいる者(異教徒、ユダヤ人、キリスト教徒、偽善者)を(あなたの)ビタアナー(忠告者、相談者、保護者、援助者、友人など)としてはならない。かれらはあなたがたの堕落を厭わない。あなたがたの苦難を望んでいる。憎悪の情は、もう彼らの口からほとばしっている。だがその胸の中に隠すところは、更に甚だしい。われは既に種々のアヤー(証明、証拠、節)を、あなたがたに鮮明にした。ただあなたがたの理解する力が問題である。あなたがたは彼らを愛しているが、かれらはあなたがたを愛していない。あなたがたはどの啓典も信じる。あなたがたはタウラート、インジールを信じるが、かれらはあなたの啓典(クルアーン)を信じない。だがかれらはあなたがたに会うと、「私たちは信じる」と言う。しかし彼らだけのときは、あなたがたに憤怒して、指先を噛む。言ってやるがいい。「憤死しなさい。アッラーはあなたがたの胸の中に抱くこと(全ての秘密)を知っておられる。」。あなたがたに幸運が訪れると、かれらは憂い、もし災難があなたがたを襲えば、かれらは喜ぶ。」[イムラーン章 3:118-120]. イマーム・アハマドとムスリムの伝承によると、預言者 エラー! スイッチの指定が正しくありません。(かれに平安とアッラーのご加護を)がバドル(の戦い)に行ったとき、ムシュリキーンのある男が後に従って、ハッラーで預言者に追いついた。彼が「あなたに従って、参加したいのです。そしてあなたと一緒に戦利品を得たいのです。」預言者 エラー! スイッチの指定が正しくありません。(彼に平安とアッラーのご加護を)曰く:「アッラーと彼の使途を信じるのか」と申されると、「いいえ」と答えた。すると預言者は「帰りなさい。ムシュリクの助けは必要ない。」と申された。 これらの文章から、われわれはムスリムの秘密を見つけ出し、あらゆる危害を試すことによってムスリムを転覆することのできる地位にカーフィルを指名することは、明確に禁じられている。 11. ムスリムの上司として、ムスリムを侮辱し、自分達の宗教を実践させないように物事を進めることのできる管理職にかれらを置くこと。アッラー曰く(意味の解釈):「…アッラーは信者達に対して、不信心者たちの(勝利への)道を、決して与えられない。」[婦人章(アン・ニサーア) 4:141]。 イマーム・アハマドの伝承によると、アブ・ムーサ・アル・アシャリ(アッラーが彼を嘉しことを)曰く「ウマル(アッラーが彼を嘉しことを)に『私はキリスト教の書物を持っています。』と言うと、かれは『なんと言うせりふだ。アッラーに打ち殺されてしまえ。お前にはアッラーの御言葉(意味の解釈)「あなたがた信仰する者よ。ユダヤ人やキリスト教徒をアウリーヤ(友人、保護者、援助者など)にしてはならない。かれらは互いにアウリーヤである。…」 [食卓章(アル・マーイダ) 5:51] を聞いたことがないのか。どうしてハニーフ(ムスリム)を雇わないのか。』私は答えた。『アミール・アルムーミニーンよ。私は彼の恩恵を受け、彼は自分の宗教を守りました。』すると彼は答えて、『アッラーがかれらを卑しめられたのに、私はかれらに名誉を授けることはしない。アッラーがかれらにご慈悲を賜らないので、私はかれらと親しくなろうとは思わない。』」 同じように、かれらをムスリムの家庭で雇用するべきではない。家庭内の秘事が知られてしまう。また彼らはムスリムの子供をカーフィルとして育てるであろう。現実に、カーフィルがムスリムの国に、労働者、ドライバー、ムスリムの家族の使用人、子守りとして連れてこられており、このような事態が発生している。 子供達をカーフィルの学校、伝導組織、邪悪な大学に入れて、カーフィルの家族と暮らさせるべきではない。 12. カーフィルの服装、外見、話し方などを真似ること。これは真似られた個人や人々への愛情を示している。預言者エラー! スイッチの指定が正しくありません。(彼に平安とアッラーのご加護を)曰く「他人を真似る者はその仲間である」 カーフィルの伝統や慣習、かれらの特徴となる外見や行動を真似ることは禁じられている。たとえば、髭を剃ること、口髭を延ばすこと、必要もないのにかれらの言語を話すこと、その他服装、食べ物、飲み物などが含まれる。 13. 必要もないのにカーフィルの国に滞在すること。アッラーは移住することができるにもかかわらず、カーフィルの国に留まる抑圧された弱いカーフィルを禁じている。アッラー曰く(意味の解釈):「本当に、(移住が義務であるにもかかわらず不信仰者のあいだに留まっていたため)自分自身を損なっているところを天使に召されて死んだ人々に、彼ら(天使)は言う。「あなたがたはどうして(どのような状況に)いたのか。」かれらは答えて言う。「わたしたちは地上で弱く、痛めつけられていました。」彼ら(天使)は言う。「アッラーの国土は広大ではなかったのか。あなたがたはそこに移り住めたのではない。」これらの者の住まいは地獄である。何と悪い帰り場所であることよ。ただ本当に弱かった男女、子供たちは別である。かれらは手段を見出すことも出来ず、また道へも導かれなかった。」 [婦人章(アン・ニサーア) 4:97-98]. 抑圧されあまりにも力がないために移住できないものや、ダワやイスラームを広める宗教的な目的のために滞在するもの以外は、カーフィルの国に留まる理由がない。 必要がないのにカーフィルの国に暮らすことは禁じられている。預言者 エラー! スイッチの指定が正しくありません。(彼に平安とアッラーのご加護を) 曰く:「ムシュリキーンの間に留まる者を勘当する」 14. 休暇や娯楽のためにカーフィルの国を旅行する。しかし治療、貿易、特殊技能の修得など他の方法で得られない合法な理由がある場合は認められるが、目的が達成されると、ムスリムの国に戻ることが義務付けられている。 この許可は、旅行を予定する者は十分な知識を持って、自分の疑問を取り去り、肉体的な欲望を抑制し、自分の宗教を明らかにし、ムスリムであることを誇りに思い、邪悪な場所には近づかず、敵の企みに自覚して注意することが必要である。またダワーやイスラーム布教のためにカーフィルの土地を旅行することが認められ、更に命じられることもある。 15. かれらの誤ったイデオロギーや堕落した宗教を考慮せずに、かれら、かれらの文明や文化を称え、かれらを擁護し、かれらの行動や技能を賞賛すること。アッラー曰く(意味の解釈):「またわれが、かれら(不信心者)のあるグループに与えたこの世の生活の栄華に、あなたの目を見張ってはならない。われは、それによってかれらを試みた。あなたの主の賜物(善き報奨と来世)を至上でまた永続する。」 [ター・ハー章 20:131]. かれらに名誉を与え、尊称を授け、かれらにこちらから挨拶をし、集会では最上の席を与え、彼らのために道を明けることは禁じられている。預言者 エラー! スイッチの指定が正しくありません。(彼に平安とアッラーのご加護を)曰く:「ユダヤ人やキリスト教徒にこちらから挨拶をしてはいけない。通りでかれらに出会った場合は、かれらを道の最も狭い方に押しやりなさい。」 16. イスラーム暦を捨て、彼らの暦を使うこと。とくにグレゴリア暦(西暦)のように、かれらの儀式や祭事を反映しており、メシア(彼に平安あれ)の誕生日と思われる日付と関係している。これは捏造であり、イーサ(イエス)の宗教とは関係がない。かれらの暦を使うことは、かれらの祭事と象徴を認めることになる。 これらを避けるため、サハーバ(アッラーがかれらを嘉しことを)がウマル(アッラーが彼を嘉しことを)の時代にムスリム暦を確立した時、かれらはクッファールのあらゆるシステムを無視し、預言者のヒジュラの日から始まる新しい暦を作成した。特別な性格のある事情では、クッファールと区別することが義務付けられている。全ての助けはアッラーから与えられる。 17. かれらの祝日や祭事に参加し、お祝いを手伝い、その機会にはかれらを祝福し、祝い事が催される場所に参加する。「無駄話をする者…」 [識別章(アル・フルカーン) 25:72](意味の解釈)の中で出てくるアル・ズール(愚行)の意味はクッファールの祭りとして解釈されている。 18. 悪い意味を持つ彼らの名前を使う。預言者 エラー! スイッチの指定が正しくありません。(彼に平安とアッラーのご加護を) はアブダル・アルウッザやアブダル・カーバなど、シルクに関係する名前を変えた。 19. かれらのために許しを求め、アッラーのご慈悲を希うこと。アッラー曰く(意味の解釈):「ムシュリキーン(多神教徒)のために、お赦しを求めて祈ることは、たとえ近親であっても、(不信心のまま死んだため)かれらが業火の住人であることが明らかになった後は、預言者にとり、また信仰する者にとり妥当ではない。」 [悔悟章(アッタウバ) 9:113] これらの具体例で、カーフィルとの親友づきあいを禁じることが何を意味するのかを明確にするはずである。アッラーに我々の信仰を強く健全にすることを願う。アッラーこそがお助けくださる御方である。
Islam Q&A