Tue 28 DhQ 1435 - 23 September 2014
3062
ムスリムが他よりもまともと思われるカーフィルに投票してもいいですか
非イスラム国に住むムスリムが選挙に参加して、ムスリムでないグループや正当に投票することは許されますか。彼らは選挙に勝つとムスリムのコミュニティのために働くと主張しています。


アッラーに讃えあれ。 決まりとは時代や場所、状況によって異なる。現実と仮説にいずれにおいても、全ての状況を網羅する絶対的な決まりはない。 ある状況においては投票してはならない。例えば、ムスリムに何の影響にない場合や、ムスリムが投票の結果に何ら影響をもたない場合である。この場合、投票してもしなくても同じである。候補者が全て好ましくなく、ムスリムに同じ態度を示す場合などにも、同じことが言える。 イスラームの観点から、ムスリムにとって最も邪悪な候補者を退き、害悪を最少限度に止めるために投票することのありえる。例えば、二人の候補者がいずれも非ムスリムであるが、一方がムスリムにあまり敵対的でない場合、ムスリムの投票が結果に影響を持つ。その場合は、ムスリムが好ましい方の候補者に投票することに何ら問題がない。 いずれも場合も、何がイスラームの利害になるのか、何が有害であるかの是非を計る原則に基づいたイジュティハードの問題である。この問題に関して、この原則を理解する知識のある人に言及しなければならない。ムスリムのコミュニティが居住する国の状況と法律、候補者の状態、投票の重要性、将来の利益などを詳しく説明したうえで、質問しなければならない。 しかし投票してもよいと誰かが言ったからといって、カーフィルを承認、指示していると考えるべきではない。投票はムスリムの利害のためであり、クフルとその人々への行為の故ではない。ムスリムはローマ人がペルシャ人に勝利したのを喜んだが、ニーガスが自分の権力に挑戦する敵に打ち勝った時に喜んだアビシニア(エチオピア)のムスリムと同じである。これは歴史でよく知られている話である。安全を期して、投票したくない人々はそれも認められる。この解答は影響のある選挙にのみ当てはまる。アッラーが最もよくご存知である。
Islam Q&A