Thu 24 Jm2 1435 - 24 April 2014
4010
魔術を学んで、魔術の影響を受けている人から呪文を取り除くことの決まり
魔術の影響を受けた人から呪文を取り除く方法を学ぶことは許されますか


アッラーに讃えあれ。 イスラームで定められ認められているドゥアを唱えることや、イスラームで定められたルカイヤを使うならば、何も問題はない。しかし魔術と張り合ったり、他の目的で魔術を学ぶならば、許されない。また学ぶ時にどうしてもシルクに陥ってしまうため、その人のイスラームが帳消しになりかねない。シャイターン(悪魔)を崇め、かれらに犠牲を捧げ、彼らが望みどおりの事をしてくれるまで、彼らの好物を与えて、親密になろうとするからである。これはアッラーがアヤの中で述べている相互の利害である(意味の解釈)。 「かれが一斉にかれらを召集される日、『ジンの方々よ、あなたがたは人々の多くを惑わせたのである。』(と仰せられよう。) 人びとの中、アウリヤ(友人、援助者)が言う。『主よ、わたしたちは互に利用し合いましたが、あなたがわたしたちに定められた期限が到来しました。』かれは仰せられよう。『業火があなたがたの住いである。』アッラーのお望みになる限り、永遠にその中に住むであろう。本当にあなたの主は英明にして、全知であられる。」 [家畜章 6:128]
マジュムーアハ・ファターアワ・ワ・マカーラトリル・シェイク・イブン・バーズ- p. 118