Wed 4 Saf 1436 - 26 November 2014
4044
カーフィルの判事や、聡明ではあるが学者でないイマームの判断を仰ぐこと
アッラーが啓示した以外のものに従う指導者はカーフィルと見なされますか。我々がかれらはムスリムであると言うならば、次ぎのアーヤ(意味の解釈)はどうなるのですか言うならば、次のクルアーンの節(意味の解釈)はどうなるのですか: 「アッラーが下されたもので裁判しないものは、カーフィルーン(アッラーの法に従わないという程度の不信心者)である。」 [食卓章(アル・マーイダ)


アッラーに讃えあれ。 我々はこの質問をシェイク・ムハンマド・イブン・サーレヒ・アル・ウタイミーンに尋ねた。彼にアッラーの御加護を。答えは以下に示される。 第一 – あなたがたにアッラーのお恵みを – ダワーセンターの人々が相談に乗ってくれることが、望ましい。彼らの義務であり、判断はムスリムに仰ぐべきである。 親権放棄、ここでは母親が親権を放棄する場合、判事の決定は不要である。母親が明言すればそれで十分であり、拘束力を持つ。 子供の扶養義務は、母親が親権を放棄し、父親の元に戻る場合、父親がいずれにしろ扶養する。 質問: 子供たちが母親の元にいる間も父親が養育費を支払う義務があると、カーフィルの判事が決定した場合、これは有効とみなされますか。 解答: 判事が子供に対する父親の扶養義務を明言しない場合でも、シャリーアに従って、父親の義務である。 質問: 金額はどうなるのですか。 解答: 金額はウルフ(地方の慣習)によって決まる。 質問: カーフィルの判事が規定した金額がウルフと一致しているならば、父親の義務となりますか。 解答: 判事の判決のためではなく、ウルフとして父親に負担義務がある。 質問: 夫婦がムスリムに判断を仰いだ場合、この決定は有効になりますか。西洋では、イマームは宗教的でないかもしれませんが、判断を仰ぐことができますか。 解答: 他に人がいない場合は、問題ない。しかしフカハは判事として適任であること、すなわちシャリーアの知識を持っていることを条件にしているが、他に適任者がいない場合は、できるだけアッラーを怖れることである。 質問: 判決の方法について知っているものが誰もいませんが、聡明なムスリムの男性がいる場合はどうですか。 解答: 調停を行うことを基本にして、彼の判断を求める場合は問題ない。 質問: これは和解にすぎないという場合、彼の言葉は拘束力を持たないでしょう。 解答: そうである。しかし彼が裁定をだし、当事者が合意するならば、有効である。両当事者が合意した和解は有効である。ハディースでは、「和解はムスリムの間で認められる。」アッラーは通暁される。
イスラーム Q&A