Mon 2 Saf 1436 - 24 November 2014
4526
ムスリムの休日とシンボル
イスラームには イスラームには、キリスト教にない休日がありますか。もしあれば、それはどんなものですか。われわれの十字架のような聖なる象徴や、特定のシンボルがありますか。


ムスリムが祝福する聖なる日は二日だけである。それはラマダーンの聖なる月の終わりにあるイードル・フィトルと、ハッジ(大巡礼)シーズンのイードル・アドハである。ムスリムは羊を屠殺して、イードル・アドハを祝福する。羊の屠殺は預言者アブラハムの伝承に従って行われる。彼はアッラー(神)によって,長男イシュマエルを殺すように命じられる。彼が息子に話すと、息子は父親にアッラーの命令に従うように言い,彼は耐え忍ぶと答える。アブラハムがイシュマエルを殺そうとすると、アッラーは大きく太った羊を代わりに殺すために与える。アブラハムとイシュマエルの忍従を称えるために、毎年ムスリムは羊を殺す儀式を行う。この日を祝って羊を殺すことは、預言者ムハンマド(かれに平安とアッラーのご加護を)の教えに従っている。ムスリムだけがこの二つの祭日を祝福するが,同時にムスリムはキリスト教の休日は祝福しない。 シンボルについては,ムスリムはアッラー(神)を崇めるため,どんな種類の偶像崇拝を拒否する。われわれはキリスト教徒が十字架を神のシンボルと信じ、神の子を主張していると信じている。かれらはこの十字架から恩恵と保護を求めている。ムスリムはアッラーからのみ保護と恩恵を求めるため、イスラームにはキリスト教の十字架のようなシンボルはない。一部のムスリムは十字架の代わりに三日月のシンボルを作り出しているが,これは真正ではなく,イスラームでは改ざんと見なされる。
Islam Q&A