Sat 5 Rb1 1436 - 27 December 2014
7622
ムスリムがカーフィルと教会に行くと約束した
非ムスリムとの約束を破ることはアッラーが許しているのでしょうか。私はオフィスでキリスト教徒の同僚と話す機会がありました。彼は45歳で、私は20歳です。インシャアッラー、私はこの新しい職場で今後5年間働くつもりなので、いつも丁重に振る舞うようにしています。この男性はいろいろな方法で私にキリスト教の影響を与えようとしています。最初は優しく振舞った後、2・3日前に私を招いてクルアーンと聖書について話しました。聖書では、イブラヒームが妻のサラに、召使との間に息子イサックを作るようにに言われたと書いていると彼は言いました。アスタグフルッラー。私はその話は本当ではないと答えました。次に、彼はクルアーンを持ってくるように言いました。その理由は、クルアーンと聖書の間には多くの類似した話があると聞いたからだそうです。第三に、彼は私に教会に行って人々がどのように礼拝するか見るつもりがないか尋ねてきました。その時点では、宗教儀式や活動に参加するのではないので、教会に行くことに、何も問題はないと思いましたので、「いいですよ」と言うと、彼は早速、いつが都合がよいのか尋ねました。私は一瞬考えた後、「私は仕事のためにモスクやムサッラにさえいけないときがあるに、どうして何のために教会に行く必要があるのですか。」と答えました。オフィスの近くにモスクやムサッラがないので、わたしは仕事場で礼拝をしています。彼は単に他の宗教の人々を知るためであり、改宗を進めるつもりではないと答えました。 帰宅の途中で、この男がずるいと思いました。彼は親しみやすいようですが、その背後で、私を劣った信仰に入れようとしている。私はムスリムとして、アッラーを信じ、アッラーだけが私を助けてくれると信じている。アッラーは私が考え、感じることを全てご存知である。


アッラーに讃えあれ。 この質問をシェイク・アブドッラ・イブン・ジブリーン(アッラーが彼を嘉することを)が答えられた。 教会に行くことは、許されない。教会を敬うことになり、シルクとその信者との間につながりを深める危険がある。彼はこの約束を反故にし、カーフィルに対してこの規則を説明すると、ムスリムが約束を破る理由を理解するであろう。アッラーは全てご存知である。
シェイク・アブドッラ・イブン・ジブリーン