Sun 2 Muh 1436 - 26 October 2014
9404
ユダヤ人やキリスト教徒によってイスラームのプロジェクトを行うイスラームの規則
ユダヤ人やキリスト教徒の布教グループを通じてイスラームのプロジェクトを行う際、イラームの決まりはありますか


アッラーに讃えあれ。 イスラームの事業をカーフィルの人々に任せることは許されない。彼らは信頼できないし、彼らの誠意を確信できない。アッラー曰く(意味の解釈): 「イブラーヒーム(アブラハム)やかれと共に働いた者たちのことで、あなたがたのため本当に良い模範がある。かれらが自分の人びとに言った時を思い起こせ。『本当にわたしたちは、あなたがたとあなたがたがアッラーを差し置いて崇拝するものとは、何の関わりもない。あなたがたと絶縁する。わたしたちとあなたがたの間には、あなたがたがアッラーだけを信じるようになるまで、永遠の敵意と憎悪があるばかりである。』」 [諮問される女章(アル・ムンタヒナ) 60:4] 「男の信者も女の信者も、お互いにアウリーヤ(援助者、支援者、友人、保護者)である。」 [悔悟章(アッタウバ) 9:71] 「信じない者もお互いに守護しあっている。あなたがた(世界全体のムスリム)もそうしなければ(カリーファ《ムスリム世界全体のムスリムの指導者》の元でひとつの統一された世界に集まり、イスラームの一神教であるアッラーの宗教を勝利させる)、フィトナ(戦争、争い、多神教)と抑圧が広がり、大変な退廃(多神教の出現)が蔓延するであろう。[戦利品章(アル・アンファール) 8:73] サウジアラビア王国の大学者委員会はモスクの建設を非ムスリムに委託することを禁じる声明を発表した。それは上記で示した証拠(ダリール)と理由のためである。
マジュムー・ファタワ・ワ・マカーラット・ムタナウィアリ・サマアト・アッシェイカル・アラーマ・アブダル・アジーズビン・アブダッラ・ビンバーズ(彼にアッラーのご慈悲を)、 第8