- » .

2538: 星占い


我々の将来に起ることを知っているのはアッラー(swt)だけであり、星占いを読むことはハラームであると知っています。アルハムドリッラー、このことが分かってから星占いを読むことを止めました。夢解きもハラームですか。それとも許されていますか。 私は誘拐され、その後蟹カレーを食べているおばに抱きしめられる夢を見ました。インターネットで夢解きのウェブサイトを見ると、誘拐される夢は困った状況に陥る意味であり、おばに抱きしめられると愛する人を失う意味だそうです。これは本当ですか。コメントしてください。

Published Date: 2002-05-12
アッラーに讃えあれ。 占星術、星占い、迷信、占いはすべてジャヒリーヤ(無知)の行為であり、イスラームはそれが誤ったシルクであることを示すために出現した。これらの行いはアッラーの外のものに依存し、幸不幸がアッラーの外のものからもたらされると信じ、占師の言葉を真に受ける。占師は人々からお金を騙し取ったり、信仰を変えさせるために、幽玄界を知っていると偽る。その証言(ダリール)はイブン・アッバース(かれにアッラーの恩寵を)からサヒーヒ・イスナードと、アブダウードがかれのスナンで伝えたハディースがある。「占星術からなにかを学んだものは、魔術(アル・シフル)の一部を学んだのである。」またアル・バッザールはイムラン・イブン・フサインからジャイド・イスナードで伝えている。アッラーの使徒(かれに平安とアッラーの御加護を)曰く、「占いをしたり、自分のために占いをさせたり、運命を予告したり、自分の運命を言わせたり、魔術を行ったり、自分のために魔術をさせる人間は我々の仲間ではない。見えない世界のことを知っていると主張するものは占師であるか、またある意味で占師のように振る舞っていることになる。幽玄界を知っているのはアッラーだけである。」アッラーは述べている(意味の解釈): 「言ってやるがいい。『ガイブ(幽玄界)を知るものは、天地の間でアッラーの外にないのである。』」 [蟻章(アン・ナムル) 27:65] 占いに関わった人々に対する私のアドバイスは、アッラーに悔い改め、赦しを請い願うことである。そしてアッラーだけに依存し、どんなことでもアッラーだけを信じることである。シャリーアに規定され、認められている実践的な手段に従うことである。かれらはこのような無知蒙昧な行為から遠ざかるべきである。占いを行う人々に尋ねたり、彼らの言うことを信じてはならない。アッラーとその使徒(かれに平安とアッラーの御加護を)に従って、イスラームに対する確信とアキーダ(宗教的信仰)を守らなければならない。
マジュムー・ファトワ・シャイク・ビン・バース(かれにアッラーの御慈悲を)から採用された。 2/123
Create Comments